あらすじ

『会いたい人に会える、奇跡のお祭り--。』

高校一年生・三波羅 星真の元に、音信不通だった親友・敦史から3年半連絡が来た。

「珍しいお祭りがあるんだけど来ない?久しぶりに会って話がしたいんだ」

星真が居ても立ってもいられず向かったのは、山奥の廃村で行われる「棚機七夜祭り」だった。しかし、そこに敦史の姿は見当たらない。代わりに出会ったのは自分と同じく「会いたい人がいる」と言う少女・志織だった。

「お祭りが終わるまでには敦史様にお会いできると思われます」

祭りの進行役・カンナにそう伝えられた星真は、敦史に会うため、志織と共に祭りの準備を進めるが、その村で起こる奇妙な出来事に巻き込まれていく...。

果たして星真は、親友と再会することが出来るのか--。